開催会場について

那須野ケ原カントリークラブ

1975年に自然豊かな那須丘陵地帯にオープンしたパブリックコース。現オーナーは東京都北区の荒川河川敷にあった川口パブリックゴルフ場を所有していたが、敷地縮小に伴い、現在の場所に移転する。当初は那須コース、那賀川コース、浮間コースの合計27ホールでスタート。浮間コースの名前は荒川河川敷の浮間の地名に由来している。三角屋根のクラブハウスは富士山を模しており、外壁に使用されている石は実際に富士山から運んだものを使用されている。全国高等学校ゴルフ選手権大会開催コースで、丸山茂樹、宮里藍、松山英樹、石川遼などのプロゴルファーもこの地で熱戦を繰り広げ、クラブハウスには当時の写真が多数飾られている。敷地内には良質な温泉が湧き出る那須野が原ベルビューホテルもあり、近隣ゴルフコースと併せてラウンドを楽しむことができる。

アクセス

【東北自動車道をご利用のとき】

●浦和I.C→(115km)→ 矢板I.C→ ゴルフ場(24km、約90分)

●西那須野I.C →  ゴルフ場(約20km、20分)

 

 

【JR新幹線をご利用のとき】

●東京駅→(75分)→那須塩原駅→(車約20分)→ ゴルフ場

●東京駅→(75分)→那須塩原駅→(車約20分)→  ゴルフ場

●那須塩原駅→(タクシー約20分・約4,800円)→  ゴルフ場

 

バスをご利用の際には「おおたわらバスナビ」が大変便利です。

大田原市営バスの乗り継ぎ時刻や大田原市営バスとJR線の

乗り継ぎ時刻の検索もできます。携帯電話からもご利用できます。

 

【送迎バスをご利用のとき】・・・完全予約制にて運行

 *但し、お受けできない場合もございますので予めご了承ください。

●那須塩原駅→(15km・バス約20分) ゴルフ場